メリットから考える投資信託

投資信託にはいろいろなタイプがありますが、一般的には債券や株式などを購入して配当金を得る株式投資信託が主流になっています。

 

しかし近年では、収益物件となる不動産を出資者で共同して購入し、その家賃収入を配当金として受け取る不動産投資信託にも人気が集まっています。

 

この投資信託のメリットとしては、通常では初期投資が高額すぎてなかなか始めることができない不動産投資を少額からスタートすることができるうえ、出資した金額に応じて不動産の持分割合があるため、株式のように残高がゼロになる可能性は極めて低く、将来的に物件の持ち分を売却することによって、資金の一部回収が可能になるという点が挙げられます。

 

デメリットとしては、物件に空き室が出た時に配当金が下がるということが考えられますが、立地条件の良い物件やできて間もないところは比較的満室になりやすいですし、物件の耐用年数を考慮しても、長期的に低いリスクで運用できる投資方法の一つといえます。実際の家賃の回収や修繕などの対応といったアパート経営に関する業務は委託しますので、自分で管理運営する必要がないのも大きなメリットです。リスク低めに投資がしたいときにはおすすめです。