不動産投資信託の内容

不動産投資信託とはREITとも呼ばれ、オフィスビル、居住施設、商業施設など不動産を投資対象にする投資信託のことをいいます。土地や建物などの不動産の売買や維持管理には多額な資金が必要となるため、個人で投資することが難しい資産といえます。しかし、複数による出資を集めれば大規模な不動産に投資することが可能になります。国内株式と同じように証券コードが割り当てられているため、取引時間中の売買も可能です。

 
分配金は物件からの賃料などが主な原資となっています。複数の不動産に投資することで空室のリスクも分散できるので、比較的高い利回りや分配金の安定が見込まれます。不動産の賃貸事業は長期の安定収入を得やすいため、分配金も比較的安定しているといえます。多くの投資家から集めた資金で投資するため、数万から数十万円程度から取引できることが特徴です。

 
一般的に不動産は資産価値や賃料が上昇する傾向にあるので、インフレヘッジに有用な金融商品という位置づけにあります。

 
また、主に不動産の売買や賃貸で運用しており、利益の90%以上を分配金とするため、法人税が免除されます。そのため、一般の株式会社に比べて高い分配が可能になります。000829

コメントは受け付けていません。