上場している投資信託

投資信託は銀行や証券会社の窓口で買うものだと思っている人が大半ですが、実は株式のように証券取引所で取引されているものもあります。
このように上場しているものは、購入手数料が株式購入時の金額計算がされるので、一般的な購入に比べると手数料の支払額が非常に安くできます。

 

このような銘柄を探してみると案外多いことに気が付くはずです。
もっとも、上場投資信託は日経平均を指標化したインデックスファンドや金の現物を共同購入するようなものなど、その仕組みが単純な商品が多いです。

 

これは、申請する際に面倒な内容の商品だと書類作成ができないという理由もあるのですが、申請の際に取引高の見積額を記載する際に、あまり面倒な商品は取引見込み量が少なくて、却下されてしまうためです。
やはり、ある程度の取引量がないと問題なのです。

本09

日本ではこのような商品はまだまだ少ないのですが、外国では驚くほどの種類があります。
各種の指標を取引対象とするインデックスファンドに至っては、株式ばかりではなく、農産物や貴金属と言った商品の先物取引まで商品化されています。

 
そのため、商品先物取引を危険を冒してするより、海外のこのようなファンドを購入する方が合理的だとも言われています。

コメントは受け付けていません。