株式投資信託の種類

株式投資信託とは、株式の組み入れが可能な投資信託の事です。

本07
株式投信の種類は、国内の株式に対して中心的に投資を行う国内株式型、外国の企業の株式を中心として投資する国際株式型、国内債券と国外債債券に投資をする債券型、国内外の株式だけでなく、債券等も含めてバランスよく運用するバランス型、金融派生商品等に投資をする事を目的とした派生商品型、ある投資信託がまったく別の投資信託を複数購入するファンドオブファンズ、転換社債に対して投資する転換社債型、不動産に投資をする不動産型等があります。

 
投資スタンスによっても、パッシブ型、アクティブ型、絶対収益追求型の運用方法があります。

 
パッシブ型は、目標とする基準と同じ程度の成果を目的とする投資信託の事です。

 
アクティブ型は、目標とする基準を上回る事が出来るよう、積極的に投資を行なう投資信託の事です。
絶対収益追求型は、投資元本からの超過収益を目標とした運用の事です。

 
さらに、追加設定の有無で、ユニット型とオープン型に分類されます。

 

ユニット型は、購入、換金期間が限定され、その時々の経済・金融情勢やマーケット動向などが考慮され、今後の成長が期待される投資対象を中心に運用されます。

 
オープン型は、時期や基準価格等を見ながら自由に売買する事が出来る投資信託で、短期間での売買を行う事も可能です。

コメントは受け付けていません。