スポット株式投信とは

スポット株式投信とは、単位型投資信託のうち、そのときの経済状況や金融情勢、株式、債券市場などを考慮して今後の成長が期待できる業種、銘柄を中心に運用する、単位型の株式投資信託です。そのため、タイムリーな運用で収益を狙うことができます。設定される定時定型の投資信託に対して、相場状況に応じて設定されるため「スポット」と呼ばれています。購入できるのは、商品運用開始前の一定期間に限られていて、投資家は同一価格で購入し、追加で購入することはできません。一定期間に資金の変動がないため、このタイプの投資信託の運用は比較的安定して行なわれます。運用対象によって様々なタイプを選ぶことができます。

 
運用期間はファンドによって異なりますが、主に五年から十年程度です。購入単位は一般的に一万円からになりますが、手数料とそれに対する消費税などの相当額も含みます。

 
その日の基準価額をもとに換金することが可能ですが、一定のクローズド期間がもうけられており、解約できないものが一般的です。その後は解約請求や買取請求によって換金できますが、所定の信託財産留保額が差し引かれる場合もあります。通常、申込日から4営業日目以降の受け取りとなります。

コメントは受け付けていません。